2013 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ねぇサンタさん、私に筋肉ください
2013/12/24(Tue)
どーもー

おひさしぶりです。八坂でございますよ。
先ほどまで、1人すき焼きをしていました。



今日も今日とて稽古の時間!
昨日の半通しのダメだしを直すため、スタッフと共に役者皆奮闘していました!
私は今回エキストラという立場ですが、大事な役割を担っていると思っているので相方のこじょぴーと試行錯誤しております。
そして、レパの残りの部分が配られ、『コバルトブルーにさよならを』の全貌が明らかに!!
このセリフでキャラがどんな動きをするのか、とても楽しみです。
いつもの公演とは違って客席が遠いので、お客様にきちんと「伝わる」ように頑張ります。


今回、大きな舞台での演技ということで、はっきりした動きを見せるために「キレ」と「止め」ができるよう意識した基礎練習をしています。
まずは筋肉をつけようということで、筋トレの回数を全体的に増やして皆同じ筋力をつけています。
そして、早送りの練習も取り入れています。レパ上で早送りのシーンはないのですが、普段使わない筋肉を使ったり、筋肉を使って止まったり早歩きをしたりするので、太ももや二の腕が毎日筋肉痛です(笑)
京都の某劇団さんは約2時間筋トレをしているらしく、ダンスや殺陣だけでなく、全ての動きにキレがあってとても見易かったのです。
残念ながらうちの練習時間は3時間という超短い練習時間なのでそこまで費やせませんが、毎日コツコツして少しずつ積み重ねて見せれる動きを作るのに励んでいます。

しかし、大きい舞台だから!と言って、見た目にこだわったばかりの演技はしていません!
S.F.P.持ち前の、自然な感情を引き出す要素ももちろん兼ね備えています。
しかし、それを離れたお客様に届けるにはどうしたらいいか・・・これからの課題です。
この演劇フェスティバルという公演が、S.F.P.が進化するための公演になったらいいなと思います。


おやおや、なんか固い文章になってしまいましたな。
どうしてでしょう?眠いからでしょうか?←
そうそう、実は私、今就活生なのですよ。明日も朝から説明会あるんですよ\(^o^)/
なので今日はこの辺で、失礼いたしますです。
おやすみなさい。クリスマスイブですね。大いに楽しんでください(嫌味w)

乱文失礼しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
夢中で頑張る君へエールを
2013/12/23(Mon)
ゼミ中にふと足元を見たら机の暗がりにいたまっくろくろすけと目があってしまい、運命を感じたのでそのまま持って帰ったけんぴです。
バッジ型の彼は始めて見ました。

さて、たまが書いていた通り、今日は半通しでございました。早すぎて笑えます。
今回は横幅13メートル、奥行き5メートル強もある大きい舞台で演技をするため、体育館を借りて半通しを行うという、入部以来初めての試みをしました。
まず最初に苦しんだのは「ばみり」。壁やハケの位置をテープマークする装置班の作業ですが、
慣れない場所である事+ステージが絨毯であった事+詳しい上面図の寸法が分からなかった事+寒かった事+おなか減ってた事などを原因として、なかなかに時間がかかってしまいました。後ろ二つは冗談です(真顔)
ひと公演につきばみる機会は3、4回あるので、単純計算して、私はたまとともに4年間でおよそ56回くらいばみりを経験したことになります。こう考えるとすごい数字ですね。だからと言ってどんどんスピードアップしていくというもんでもないのですが。難しい…。

そして、半通し。
私が今回個人的にずっと取り組んでいる課題は「複数の役者と立った時の空気づくり」だったのですが、スタッフさんから口ぐちに出た意見は「展開が早くてついていけない」「受け入れる間がないまま進む」等、それ以前の問題でした。そりゃ、理解できていない状態ならどんに空気を作っていてもぽかーんですよね。これは体育館で立ったからこそつかめたもので、お客様との距離が離れれば離れるほどいつも以上にメリハリのある、もっといえば極端な切り替えや間が必要であることが分かりました。押しつぶされるような練習室だけではつかめなかったことです。ダメ出し会も含めて、とても有意義な半通しでした。

そのあとは主に舞台班と演出を誘って観劇に行ってきました。プロの演技を見て、自分たちにはない
演劇への情熱や、役者の気迫、徹底したスタッフの仕事、さらにはお金を取るという責任と、自分たちの演技への強い誇りを感じました。やっぱプロは違います。気迫が違います。

たまも書いていましたが、今公演は演出・明治を筆頭に、意識の改革に努めています。学生劇団でもプロ並みに高い意識を持って演劇を行っているところはいくらでもあります。どうしても個人差が出てしまう難しい課題ですが、いつか絶対にぶち当たる壁だっただけに、遅かれ早かれ取り組まなくてはいけない事であったのかもしれません。それがたまたま、一番最初に捨て身で突き破ってくれたのが明治だったという事です。

2回生以下の後輩たちは、まだ演劇に携われる機会があります。あと2年もありますが、2年しかないんです。2年です。きっかけは上手くなりたいでもいい、自分に勝ちたいでも、もっとかっこよくなりたいでも、今の自分をぶちのめしたいでもなんでもいいので、今一度、今日の半通しを振り返って足りないものと足りない理由と解決方法を考えてほしいです。そしてそれを共有すれば一気に大きな「いい空気」になります。楽しみです。そんな空気の中、人生最後の大舞台に立てるのが本当に楽しみです。
私も負けていられないので、今日からあるものを作ります。

なんだかとってもお説教??みたいになってしまいましたが、とりあえずそんな感じです。
人生楽ありゃ苦もあるんですよ。
そんな私は卒業制作と仲良くなれなくて苦しんでます。こちらも全力で頑張ります。

私は二兎を追って、二兎とも得られるくらい頑張る人が好きです。私もそうなりたいです。
この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
失敗は成功の素!
2013/12/22(Sun)
おはようございます!

たまです!

昨日はシーン練習でした。
私はなかなか練習に来れてなくて久しぶりにみんなの演技を見ました。
成長してるとこもあればそうじゃないところもあったりして、新鮮な目で見ることができたんじゃないのかなあと。

学生ホールとは勝手が違うことを意識してやってるものの、なかなか上手くはいかないものです。でも失敗は成功の素なので、今までやったことない練習とかもやっていきたいですね。

そして今回は意識改革?というか、みんなで部活に対する姿勢を変えていこうということで頑張ってます。
でも、すぐに集中力が切れたり意識が薄かったりして、変えることって凄く難しいなと4回生の身ながら改めて思うわけです。
これは1人じゃ絶対にできないし、みんなが同じ気持ちにならないと出来ないし。
自分も周りも変えたいねじゃなくて、変わる、変えるためにどうすればいいのか、私も含め模索中です。

これからのS.F.P.に必要になる大切なことだと思うので、一応卒団した人ですが、引っ張る気持ちでいきたいと思います。

今日は半通しです。頑張るぞー。

失礼します。

この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
まるでジブリ
2013/12/18(Wed)

ただいまヒラリー先輩がお泊まりしている大蛇です。

今回はまるでジブリに出てきそうな衣裳のキャラ等もいて色々凄いです。そして今回は番外もあるので舞美案二つ同時進行で進めるという初めての経験もしています。

毎公演色々新しいことをしているのが楽しい私でした。

短いかも知れませんが、今日はここら辺で終わりたいと思います。
この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
大きな舞台
2013/12/18(Wed)

こんにちは。
最近睡眠欲に一切勝てる気がしないクロです。当番、すみませんでした。

演劇フェスティバルということで、大きな舞台を意識した練習をしています。

見ている側はそれを想定してダメ出しをしなきゃならないので、
いつもとは違うダメ出しがポンポン出てきます。
でも、自然さを失ってはいけないのでその塩梅が難しいです。

役者さんたちも、どうすればもっとよくなるかを、
話し合い打ち合わせて試行錯誤しておられます。
昨日は、キレ・トメ100%(動きにキレ・トメを100%つける)
というのをやりました。
全身の筋肉を使いとても体力を消耗するので、
息切れしている人がいたりしました。

毎日着実に形になっていっており、これからがとても楽しみです。
私ももっと頑張らなきゃと思います。

それではこの辺で失礼いたします。

この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
お久しぶりです
2013/12/16(Mon)
こんばんは。
コットンです。

昨日と一昨日のこと書きます(当番忘れてましたごめんなさい!)

今回、私たちは演劇フェスティバルなるものに参加します。
詳細はまた情報宣伝さんが、UPしてくださると思うのでそちらをご参照ください。

一昨日は、台本が配られ、みんな台詞覚えをしたり軽く動きをつけてみたり。
舞台がいつものホールではなく大きいので、いつも以上に声や動きも大きく大きくを意識しなければなりません。難しいです。頑張ります。

昨日も同様の練習をしてました。
そういえば、一昨日から体力をつけるために学校の周りを軽く走っています。みんなパーカーを着て走りに行くのですが、S.F.P.のパーカーは色が様々なので、とってもカラフル。
足踏みしながら信号待ちをするカラフル集団。怪しいです(笑)

そんなこんなで稽古開始しております!
明日もがんばります!おやすみなさい!
この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
ごあいさつ
2013/12/14(Sat)
こんばんは。
みなさん、お久しぶりです。
卒業演の作・演出を務めました、たまです。

時間が経つのは早いもので、公演が終わってから2週間が経とうとしています。
でも、まだ2週間しか経っていないのかとも思うから不思議です。

御来場いただいたお客様方、本当にありがとうございました。

今回のお話の素が浮かんだのは3回生の夏でした。
森があって、妖精が遊んでて人間がきて妖精を連れ出してしまって、
地球規模で大変なことになるみたいなのが、部屋でぼーっとしてる時に
ぱぱぱぱっと頭のなかでシーンがよぎっていったのを今でも覚えています。
まあ、そんな壮大なことは学生ホールでは難しいなあと思っていろいろ考えて
原形ができたのは春くらいだったと思います。

登場人物を頭の中に入れたら勝手に動いてくれて、私はそれを書くだけで。
次どうなるんだろうと思ってたら、「そうくるの?」みたいな感じで楽しんでたら、
50ページを超えてました。

そんな感じで書いてしまったもので、
みんなに理解してもらうために私が理解するのが難しくて、大変でした。
自問自答の毎日でした。よくよく考えていくと私が入っているキャラもちらほら・・・。
私が伝えるのが下手な分、みんなも凄く考えてくれました。
役者もスタッフも“スミレ”のことを思ってくれているということが
ひしひしと伝わってきて嬉しかったです。参加者のみんなには感謝しきれません。
最後に私が笑顔でお客様に挨拶することができたのも、部員達のおかげです。


後輩達の今後の活躍を期待しつつ、
これを今公演の終わりの言葉とさせていただきます。

ありがとうございました。

この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
いよいよ…
2013/12/01(Sun)
SFPのブログを書くのはこれが最後になるんですね。
深夜に書いているせいか切なさが増してます←
太宰です。

さて、今日は3ステ、4ステと、1日に2回ステージがあり、たくさんのお客様にご来場いただきました。

どのステージも全神経を集中させ全力で挑んでいるので、3ステが終わった時には既に
役者はへとへとです。
もちろんずっと動いてくれているスタッフもへとへとです。

しかし、次の4ステに向けて、少ない休憩時間にも演出にダメ出しを貰ったりアンケートを読んだり控え室で練習したりと、やることはたくさんあります。

皆お客様に最高のスミレの舞台を届けようと必死です。


明日は、千秋楽です。
私達4回生の、本当に最後の舞台になります。

つい最近配役が決まって練習が始まったばかりだと思っていたのに、
気づけばもう千秋楽だなんて!ひいいい!
早すぎます。
ほんとうにあっという間でした。
それだけ皆でがむしゃらにひたすら頑張り続けてきたということでしょうか。


お客様をスミレの世界に引き込んで、役者と共に、最高の空気を共有できたらいいな、と思います。


達成感いっぱいで卒団できるよう、思い残しが無いよう、精一杯頑張ります。

ぜひ、ご来場くださいませ。




この記事のURL | 稽古場日誌 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。